FC2ブログ

♪ TEAM DOLCE~コール・ドルチェの仲間たち ~後編 ♪

11月も最後の週に入り、急に寒くなりました
皆さまお風邪など召さぬよう どうぞご自愛くださいませ

さて今日は前回に引き続き“コール・ドルチェの仲間たち~後編”をお届けします♪( ´▽`)

まず初めに、時には優しく時には凛として私たちに寄り添い、ドルチェ の歌を支えて下さるこの方をご紹介します
   ぴあのふぉるて さんです♪     えっちゃん大好き~(^^)♪ fromドルチェの仲間たち
2012.10.14山梨県コラニー文化ホール  2012.7.7 静岡県 美保の松原にて    
      (Photo.TES MUSICA)        (TEAM DOLCE♪)


“伴奏者=ピアニスト” (越後妙子さんからのメッセージ)
メゾパートで楽しく歌っていたある日、ピアノが弾けるというだけでドルチェの伴奏者になって(それが伴奏者としての始まりでしたが)、何年たったのでしょう?
伴奏するってなに?と深く考えもせず、ゆるゆると、長い時間をあやふやな奏法で、漠然と過ごしてきてしまったように思います。

そんな私でしたが、毎回技術力の無さに落胆しながらも、意識して弾くことの大切さを学び、だんだんと「歌と伴に音を奏で、曲を織りなしていけたら…。いきたい!」と欲張りになり、一進ニ退?しながらも楽しんで弾いてこられたのは、尊敬する先生といつも変わらぬ笑顔の仲間がいたからと思います。
お互いを良く聞きあいながら、生き物である歌声と、ポンと指で弾けば機械的な音が出てしまうピアノがぴったりはまる瞬間のハーモニー(そう何回もあることではありませんが)を感じていけたらいいですね。そして、私自身その瞬間を創造し楽しめるピアニストでありたいと願っています。
 と、ここまではとても良かったのですが………。

ただ今、準備充電中です!新生出来るか模索中。
しばらくは迷奏しそうですが(えっ、いつものこと?そうかもです!)
みなさま宜しくお付き合いくださいまし~。


越後さん メッセージありがとうございました
たとえ「いや」と言われても、とことんお付き合い&お世話にならせて頂きますよ~
どうぞよろしくお願いいたします( ´▽`)/


そして最後に、ドルチェの指揮者・音楽監督=TEAM DOLCEのキャプテンにご登場頂きましょう(^-^)♪      
イエーイ!  はす船長♪  観梅~いとおかし
   美術鑑賞も好きです        マイボート(山中湖)    春の庭園にて 

“船長さん?”(蓮沼喜文先生からのメッセージ) 
趣味は、ドライブ(大型自動車免許まで取得、どこかのピアニストと違い安全運転(^_-))、釣り(一人で孤独に。(^.^)友達がいないので、誰かお友達になってください。)、さらにダイビング、船舶操縦(小型船舶最高免許一級ライセンス取得。小型といっても11トンまで出来る免許。一部では船長とも呼ばれているとか)

生まれはラーメンで有名な福島県、喜多方市。父は洋画家(現代美術、抽象画)、実家は現在姉がステンドグラス工房を営んでおり、喜多方の観光コースにも入っている。野口英世記念館のステンドグラスは姉の作品。

小学校から合唱始める。音楽するきっかけは、ピアノ伴奏の子が可愛かったからかな(^^)? 初恋だったかも。 さらに中学時にはトランペットを当時NHK交響楽団主席、北村源三氏に師事し、吹奏楽、オーケストラにはまり毎日ラッパ漬け。しかし大学はどういうわけか声楽。なぜかは、話せば長い(^。^)y-~ 大学時代はオペラ、ミュージカルを中心に学び、ジャズダンスまで始める。しかしなぜか突然高校教師。採用条件は、吹奏楽を指導すること。しかし勤務一ヶ月目に理事長より合唱部つくれと業務命令。必死につくる。結果はご存じの通り。
三年前に学校を辞職。フリーの指導者に。波乱万丈(^^)d
独立してから初めて指導させていただいたのがドルチェ。この出会いは私にとって何ものにもかえられません。とても素敵なグループです。
今の私はドルチェの皆さんに育てて頂いた訳です。感謝
とても知的で、品がよく、優しくて、穏やかで、元気で、お酒が強くて、昼も夜も圧倒される素晴らしいグループです(^_^;)

ということで、ドルチェの皆さん、これからもよろしく、そしてお手柔らかに(^_^;)お願い致します。
 

船長さん どうもありがとうございました
今後とも ドルチェの舵取りどうぞよろしくお願いいたします( ´▽`)/


前・後編にわたってお届けした“TEAM DOLCE~コール・ドルチェの仲間たち”
お楽しみいただけましたでしょうか?
もうドルチェがどんな合唱団なのか?よ~くお分かり頂けたと思います(^-^)

さあ、そこでブログをご覧になっている貴女!
貴女もTEAM DOLCEの一員になって、私たちと一緒に歌ってみませんか?
三橋公民館でお待ちしています( ´▽`)/


関連記事

0 Comments

Leave a comment